資金不足で開業する道

資金不足で開業する道

資本主義における自由競争社会は、言いかえれば「お金があればなんでもできる社会」であり、それはつまり「お金がなければ何もできない社会」でもあります。ですから、お金があるひとが何かをはじめるのはそれほど難しいことではありませんが、お金がない人にとっては、何をはじめるにもとても難しいのが自由競争社会です。

 

そしてわが国では、「何をするにも難しい」という人がとても多いです。しかし、それでも自分の夢を実現したいと努力する人もたくさんいます。

 

そんなときに、特に「飲食店の出店」を目指すために、できる限りその夢を実現する方法を考察してみます。

 

まずは、「融資」を受けるという考え方です。飲食店の場合、国や自治体で低金利の公的融資を受けることができます。

 

それから、国が支援する制度である「助成金制度」です。これが、「お金を借りる」または「もらう」ことで夢の実現を目指すための方法の主だったものです。

 

もちろんノンバンク系金融機関から融資を受けたとしても、開業資金を準備することは可能ですが、その場合だと、今度は返済のときに苦しむことになってしまいかねません。

 

また、今度はお金を借りたあとの工夫として、「居抜き物件」を利用するという方法が挙げられます。

 

この方法は、前に入っていたお店を改修せずにそのまま再利用するという考え方です。

 

それであれば、賃料や保証料をその物件のオーナーに支払うだけで、それ以外で大きなお金がかかることは考えられません。

 

このようないろいろな工夫をすることで、夢を実現しているオーナーさんはたくさんいます。

資金不足で開業する道関連エントリー

別れさせ屋オーダーメイド工作
別れさせ屋オーダーメイド工作